時間に対してお金を得ている限り貧乏から脱出できない

若者ほど厳しい環境に

今の若者層は、20歳から真面目に年金を支払っても、老後の年金支給には期待できません。60歳からもらえるはずだった年金は65歳、いずれ70歳まで引き上げられる可能性もあります。生活受給車はさらに増え、真面目に働き年金を納めた人が多くの負担を強いられます。

サラリーマンとして働き続けても、くずれた年功序列の中で、言葉だけの成果主義も機能せず、収入は一向にふえません。むしろ負担の増加により、自由に使えるお金は減少傾向にさえ、あるのかもしれません。

副収入を求めるのは当然のこと

そんな中、副業・副収入を求める人も多いと思います。本業の仕事以外の収入源があると、仕事において精神的に追い詰められた時などのメンタル的なにげ道になります。
さて、副収入源には多くの候補がありますが、今回は、資産運用の魅力についてお話ししたいと思います。

スポンサーリンク

副収入源として資産運用を勧める3つの理由

  1. バレない(バレても副業禁止規定に反しない)
  2. 時間に対してお金をもらう労働からの脱出
  3. 人としての成長

①会社の副業規定に違反しないこと

副業が社内規則で禁止されているサラリーマンにとって最も魅力的なポイントは、会社の副業規定に違反しないということでしょう。

銀行に預けた定期預金の金利が副収入とみなされることはありませんよね。株式なども同様で、証券会社に特定口座を開設して、その口座ないで株式や投資信託を管理した場合には、自動で損益通算まで行ってくれる便利なサービスもあります。

アルバイトなどで給料所得を得た場合、確定申告が必要になりますし、フリーランス等の雑所得が一定金額を超えた場合も同様です。確定申告により所得税だけでなく、住民税へ影響することにより、会社にバレてしまいます。

そもそも副業として位置付けられていない、資産運用への興味が湧いてきませんか?

②時間に対してお金をもらう労働からの脱出

アルバイトをすれば、1時間に対して確実に1000円を得ることができるでしょう。つまり、1000円稼ぐために、1時間の労働が必要です。ある意味、手っ取り早いですが、リスク一定リターン一定といったところです。

サラリーマンのあなたは会社の一員として、何に対してお金をもらっていますか?例えば、生産工場のネジを作り続ける機械のように、時間に対してお金をもらっているのであれば、ネジを作る機械をどう動かすかを決める側の人間にならなくてはなりません。

少なくとも、本業で時間に対してお金を得ているのであれば、副業でまで、時間を投資するのはベストな選択とは言えません。リスク分散の観点だけでなく、ネジを作り続ける時間を増やしたところで、あなたの能力は一定のまま、時間価値の分だけ減少していくでしょう。時間に対してお金をもらうということから脱出すると、せめて副業では考えるべきです。

③人としての成長

資産運用で利益を得ていくためには、金融よ経済の勉強きが欠かせません。最初のうちは、1日勉強しても直接的なリターンが実感できないと思います。目先の利益だけを求めるのであれば、時給1,000円でアルバイトすれば、日給8,000円etcなんて考える人もいるかもしれません。

しかし、そんな目先にリターンではなく、日常のニュースや情報に敏感になることで、一生ものの知識が身につきます。そしてその教養は相乗的に、あなたの将来を飛躍させるはずです。

マーケットの話は一般教養程度に必要

突然、会社の役員に食事に誘われたとき、仕事の話題はもちろん何か得意とするアイスブレークな話題はありますか?ゴルフのコンペ等も同様です。富裕層は必ずと言って良いほど、資産運用をしていますので、一般常識な話題として株式や経済、マーケットに関わる雑談が必要となります。

一定の層以上の人と付き合っていくためには、経済やマーケットの話は日常会話程度です。勉強するきっかけとしても大きな役割を担うでしょう。

知識があれば得をする

例えば、定期預金を預ける時に、1年にするか5年にするか悩んだとしましょう。マーケットに関心がない人であれば、そのお金をいつ使うのか、などが判断材料になるでしょい。しかし、金利動向を見通すことができれば、その判断は変わっていくはずです。

経済を知れば、家を買うタイミングや親の介護について、など人生へなライフイベントにおいて、より最適な判断ができる角度が高まるでょう。理論への理解が深まれば、生き方が変わります。

今回は、副収入として資産運用を行う魅力的についてお話ししました。「楽して稼げる仕事なんてありません。ただ、直接・間接的に、資産運用を通して、皆様の人生がより豊かに幸せになれば幸いです。

最後まで、読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク
広告336×280




広告336×280




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告336×280