投資企業の選び方とリスク分散0〜株式の利益=値上がり益+配当金〜

上場している企業の数は、合計で3,555社もあります(2017年5月末時点)。この中からどの会社を選ぶのかについて、選択の基準になる考えかたを「投資企業の選び方とリスク分散」ということでシリーズ化していきます。本日は、その前に知っておきたい、株式の利益の源泉についてお話しします。

スポンサーリンク

1-1.株式のリターンは値上がり益+配当金

株式を購入して得られる利益は

  1. 値上がり益(キャピタルゲイン)
  2. 配当金(インカムゲイン)

の2種類があります。

1-2.値上がり益(キャピタルゲイン)

値上がり益は、株価の上昇により得られる利益のことです。例えば、1000円で購入した株を、1500円で売却すれは、500円の利益を得ることができます(一般的には売買手数料がかかります)。

「株価=業績」という考え方に基づくと、業績が良い企業、業績が拡大する企業を選ぶと=株価が上昇します。優良な企業は、株価上昇に時間がかかっても、長期で安心して保有することができますので、初心者の方は、「業績の良い企業、成長が期待できる企業」を探してみると良いでしょう。

その手がかりとしては、

  • 決算短信で、売上高や営業利益を確認
  • ニッチ市場でトップシェア
  • 成長市場で事業を展開
  • ブランド力

などをご参考にしてください。

1-3.配当金(インカムゲイン)

配当金とは、企業が設けた利益に応じて、株主に還元するものです。例えば、企業が1株あたり500円( EPS)利益を計上した場合、そのうちの何割かを株主に還元します。

稼いだ利益の中からどれぐらい配当として還元するかを示すのが、配当性向(配当金÷EPS)です。東証1部企業は平均30%程度の配当性向といわれています。

利益に応じて配当金が変更される企業や、利益に関わらず一定金額を安定的に配当すると掲げる企業もあります。マイナス金利の環境下では、高配当な優良企業を長期で保有することも魅力的な投資と言えるでしょう。

近年は、株主重視の姿勢を示す企業が増えてきたこと、ROE向上の観点から内部留保を避けたい企業もあって、配当が増加傾向にあります。

2-1.3%以上の配当利回りが期待できる銘柄は多くあります。

例えば、多くの方がご存知の

  • 武田薬品工業(東証1部4502)
  • 株価5,639円(2017年6月16日の終値)
  • 配当年間180円(上期90円、下期90円)

最低単元である100株購入した場合、ざっくり57万円の投資に対して、年間1万8千円の配当金が得られることが分かります(手数料・税金等考慮せず)。つまり、投資金額に対して配当金の利回りは3%を超えます。

この配当金というインカムゲインを得ながら、元本の株価上昇を待つといった投資戦略が初心者の方にはオススメです。もちろん元本部分の株価については、上昇が期待できる反面、同等の下落リスクもあります。営業マンが使う「銀行預金と同じ感覚で〜」などと言うことは間違っているとは思いますが、全金融資産の一部を、このような高配当優良株に投資してみるのも良いと思います。

スポンサーリンク
広告336×280




広告336×280




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告336×280